2007年4月12日 ソウル編

 全南に勝利し、その夜のうちに夜行列車でソウルへ移動。
 飛行機の時間が夜で、試合翌日はそれまでソウル市内を観光。

朝方にソウル隣の龍山(ヨンサン)駅に到着。
試合の疲れを癒し、体の汚れを落とすべく、駅前のスパへ。
前に大阪に来たことがあるという韓国人と話したりしてました。
スパで皆と別れ、ソウル市内を観光に。
まずは地下鉄でソウルまで(1000W)
4月とはいえ川崎と比べ寒いソウル駅前で冷麺の朝食。
大量のサイドメニューはありませんでしたが、キムチは食べ放題でした。
朝食後は、まずは観光地としても有名な南大門へ。
ソウル駅からは徒歩10分くらいのところにあります。
南大門横にある商店街へ。
「本物に近い」高級時計が安く売られていて、しきりに進めてくるおじさんがいたりしました。買わなかったけど・・・。
南大門を通ったあとで、韓国の第一銀行へ。
中の博物館に入ろうとも思いましたが、残念ながら臨時休業中でした。
続いて、南大門と並んで有名な明洞へ。
平日午前中とあってか人はまばらでしたが、至る所にプリクラコーナーなどがあり、まるで渋谷センター街。
そんな明洞にある教会にちょっと入り一休み。
とくにキリスト教徒ではないですが。
明洞を見た後、李朝時代の王宮等があった宗廟、昌徳宮へ。
途中問屋街みたいな通りを通ったり、ビジネス街を抜けたり・・・。
宗廟に到着。入場料(1000W)を支払い中へ。
中にある歴代の王、王妃を祀った廟。
ただただ広い。
また、奥を進むと、数々の宮殿がありました。
中に入ってみることは出来ませんが、広さと大きさがかつての李朝の強大さ、壮大さを感じることが出来ます。
だだっ広い宮殿を眺めていたらいい時間になってしまったので、そろそろ昼飯ということで、伝統アートの並ぶ仁寺洞へ。
そういや、韓国来て肉食ってなかった、ということでプルコギの昼食。ご飯やスープのほか、もれなくサイドメニューもただで付いてきました。これで6000Wくらいだから安いというもの。
伝統アートの通り・仁寺洞ギルとあって、様々なものが店からあふれんばかりに販売されてました。
私もこの辺でみやげ物を購入。
さらにはショッピングビル?に入り、散策。
1階では餅つきみたいなことが行われてましたし、アートの街だからなのか、なにやらオブジェやら大きな絵などが飾られてました。

そのあと金浦空港に戻り、夜の便で羽田へ帰還。2日間の海外遠征は無事終了しました。

写真館へ

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送